なぜ医療従事者は辞めてしまうのか

これから更に高齢社会は深刻な問題になっていくでしょう。でも、医療従事者が不足していることは事実です。なんとかしてこの不足を改善する必要があります。医療従事者の仕事をしていた人が辞めてしまう理由はどこにあるのか、そしてこれから医療従事者になろうとしている人が減っているのはなぜか、ということをもっと深く考える必要があります。
それらがはっきりしてくれば、医療従事者の不足を少しでも食い止めることが出来るのです。働きやすい職場や環境であれば、なんとか続けていけるというように思う人もたくさんいます。
でも、そうでないと感じるからこそ、医療の現場から離れた場所で働きたいという気持ちになるのです。医療の現場が大変な場所であるということは、素人から見ても分かることです。それがプロになると、更に大変になってくることでしょう。
これ以上大変になるということになると、心身の調子を崩してしまうかもしれません。そして、そこから立ち直るのにかなり時間を要します。重要なのは、自分自身の心身が健康であることです。
健康であるからこそ、医療の現場で働くことが出来るのです。でも、どうしてもこの現場はハードなものです。そのハードさを少しでも軽減することが出来れば、この職場でなんとか続けていけそうと思う人もいると思います。
そうなるためには、周りの人たちが出来ることをもっとしていくことが必要です。何も相談することなく辞めてしまう人が多いなかで、せめて相談が出来るような環境であることは大切なことでしょう。

Leave a Reply